ワークショップやミーティングの設計図を共有・確認しよう!(ワークショップデザイン&ファシリテーター Advent Calendar 2018参加)

みなさま、こんにちは!
ミーティング&ワークショップデザイナーの菅谷(こうちゃん)
です。

もともとは社会科教師でしたが、いまは複業スタイルで
人と人とがつながる場づくりに取り組んでいます。

具体的には

に取り組んでいます。

さて、今日はワークショップデザイン Advent Calendar 2018ファシリテーター Advent Calendar 2018に参加したいと思います。
よかったら他の記事も眺めてみてください。

テーマは

ワークショップの設計図を共有・確認しよう!

です。

ワークショップは参加型、体験型の活動プログラム。
参加者みんなでつくっていく場だと思います。

ですので、みんなで良いワークショップを作っていくために
ワークショップデザインの設計図を共有・確認することは必須だと考えています。

(と書きつつ「良いワークショップとは何か?」という問いは残るなと思っています)

そこで

僕なりの設計図の共有の仕方をご紹介したいと思います。

【目次】

  • パワーポイント等のスライドで提示する
  • プリントを配る
  • メールやチャット等で送っておく
  • ★オススメ★ みんなで見えるようにかく

パワーポイント等のスライドで提示する

一般的な手法で、何百人の参加者のワークショップでも対応できます

一方で、提示したスライドが残らないため、途中でデザインの確認ができないことがデメリットです。

また途中でのリデザインもやややりにくくなります。

プリントをみんなに配る

こちらも一般的な手法です。

手元にあるため、各自メモをしやすく
デザインを確認しやすいというメリットがあります。

一方で、柔軟なリデザインは少し難しくなります
また手元に目がいってしまい、ファシリテーターに目が行きにくくなるというデメリットもあります。

メールやチャット等で送っておく

こちらは組織内で行うワークショップやミーティングで一般的だと思います。

僕も自組織では、メールやチャット等であらかじめデザインを共有しておきます。

そのほうが安心して参加するレディネス(心の準備)の形成につながるからです。

人によって、確認している人もいない人もいますので
当日その場での確認も必須です。

こちらに前の項目のプリントを添付しておくのも有効です。

共有しておくデザイン項目としては、以下のようなものが挙げられます。

  • 目的(そもそも何のために集まるのか?)
  • 目標(ワークショップやミーティングの終了条件。内容面だけでなく心理面も)
  • 現状(参加者の状況認識。こちらも内容面だけでなく心理面も)
  • 内容(現状から木曜に向けた進行内容と時間配分の案)
  • その他(事前課題や懸念点などあれば)

★オススメ★ みんなに見えるようにかいておく

こちらがオススメです!

みんなで確認できる
つねに確認できるという安心感があります。

いろんなやり方がありますので
実際の事例をご紹介します。

11月25日の勉強カフェ対話部のランドスケープ。
事前告知のPOPを貼り、前提も共有できるように
チェックイン・チェックアウトの付箋を貼りつけ、記録としても残るようにしています。
12月15日の生きがいをもって生きるのホワイトボード。
ホワイトボードはその場でかいたり消したりできるため
当日相談しながら作れる。柔軟なリデザインが簡単。
2017年12月8日のチームビルディング・カフェから。
対話促進ツールえんたくん時計とKP法の組み合わせ。
えんたくんは円形なので、時間を直感的に認識できる。
KP法は小さな紙でも実施でき、その場で柔軟にリデザインできる。

ひとまずこんなところです。

何より大事なことは

設計図を共有するだけでなく、これでオーケーか確認すること

ワークショップはみんなでつくる場。

ワークショップデザイナーの独りよがりになってしまっては
良いワークショップにはなりません。

ワークショップデザインの設計図を共有し、確認する時間をデザインに組み込むことが
良いワークショップデザインの肝だと思います。

みなさんは、どうやってワークショップデザインの設計図を共有したり、確認したりしていますか?

よかったら教えてください(^^)/

今日のところはこの辺で!
みなさま素敵な場づくりを(^^)/

公開ワークショップ・セミナーのご案内

  • 12/23(日)14:00@秋葉原:秋葉原リフレクション2018⇒2019(勉強カフェ対話部)
    • 2016年に開催して大好評だった『40人のビジネスパーソンが絶賛した「1年の振り返り」完全マニュアル』を応用したリフレクションワークショップを開きます。
  • 1/6(日)14:00@秋葉原:秋葉原リフレクション2018⇒2019(勉強カフェ対話部)
    • パーソルキャリア株式会社の開発した”タニモク(他人に目標をたててもらうワークショップ)”を、みんなでやってみようという会です。
  • 個別対話セッション:12月分、まだ空きがあります!
    • 詳しくはこちらをご覧ください。

過去のファシリテーター Advent Calendar 参加記事も是非お読みください!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。