すがや対話工房って?

すがや対話工房は、対話から人と組織と社会を元気にする場づくりを手掛ける
チームワークファシリテーター、キャリアカウンセラー
菅谷 宏一の個人事務所です。

※現在は、プロボノとしての支援のみを受けつけております。

 

菅谷 宏一(すがや こういち)

すがや対話工房 代表・人と組織と社会を元気にするコミュニケーションデザイナー。

1983(昭和58)年、茨城県水戸市生まれ。

2002年、中央大学文学部に入学。心理学を専攻し、C.ロジャーズの人間中心のアプローチに感銘を受ける。
2007年卒業後、岩瀬日本大学高等学校つくば市立吾妻中学校で社会科・地理歴史科教員として5年間奉職。

2009年、自らの教育力を高めるため、教員を続けながら筑波大学大学院教育研究科に進学。市民参加型の社会形成の手法としてのワークショップや、対話の哲学と出会う。修士(教育学)。勤務校でも、対話や学び合いによる授業を実践する。

対話の場づくりの実践力を身につけるため、2011年に青山学院大学社会情報学部ワークショップデザイナー育成プログラムを受講し修了。また、対話の学校でラボラトリーメソッドによる体験学習とその実践としてのファシリテーションのトレーニングを受ける。2012年、文部科学省所管(一財)生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー資格を取得(2017年マスター・クラス認定)。

2012年度から学校を離れ、すがや対話工房(自営業)と勉強カフェ(会社員)の複業スタイル(パラレルキャリア)で話し合い・学び合いの場づくりに取り組む。(株)ブックマークス 勉強カフェ田町スタジオ マネジャー(コミュニティコーディネーター)。途中からは、勉強カフェ全体のチームづくりに取り組む組織開発部門の責任者も兼任。

2015年、(特非)日本ファシリテーション協会に入会。

2016年6月からは、(株)チームビルディングジャパンにフルタイムで参画。パートタイムで勉強カフェ 飯田橋スタジオのコミュニティマネジャーを務め、3種類の複業スタイルで学び合い・話し合いの場づくりを手掛けた。

2021年4月からは、(株)エナジードにてアクティブラーニング型のキャリア教育教材の編集者として、ファシリテーションの普及に努めている。

※現在は兼業禁止のため、個人の活動はプロボノのみとしております。

 

活動理念

【ミッション(使命)】

繊細さんも、本音を出せる対話の場づくり

 

【ビジョン(実現したいこと)】

対話があたりまえの社会

 

【バリュー(大切にしていること)】

1.三方よし
→あなた(参加者・受講者・依頼者)にとっても、私にとっても、社会にとっても実りある話し合いを実現します。

2.一期一会
→特定の手法にこだわらず、目的に応じて話し合いを設え、状況に応じて柔軟に促します。

3.体験学習
→日々の話し合いを振り返りながら学び、知識・技能・態度を磨き続けます。

 

基本情報

名称 すがや対話工房
※英文名:Sugaya Dialogue Workshop
代表者 菅谷 宏一 (すがや こういち)
開業 2012年9月
※税務署への開業届は2013年4月
※現在は、プロボノとしての支援のみを受けつけております。
事業形態 個人事業主(自営業)
事業内容 会議(ミーティング)の活性化支援
対話の場(ワークショップ)の企画・運営
およびそれらに付随する業務
事務所 茨城県守谷市
おもな所属・
資格等
まちなかコーディネーター・トリアウテ ファシリテーター(茨城県取手市のNPO)
Reflection Method Lab. リフレクションカードファシリテーター養成講座 認定講師・ファシリテーター
(特非)日本ファシリテーション協会 東京支部 会員

青山学院大学社会情報学部ワークショップデザイナー育成プログラム7期修了
生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー・マスタークラス(第00048号)
HRD社認定 DiSC®ファシリテーター

修士(教育学):筑波大学
※研究テーマ「対話による授業の再構築」
教員免許 (中学社会・高等学校地理歴史科専修、高等学校公民科1種)