「みんなで話せばいい」とは限らない from 1/27みんこえ対話会

「みんなで話せばいい」とは限らない from 1/27みんこえ対話会

誰と話をしたいですか?

 

人とチームの力を育む
話し合いデザイナーこう(菅谷)です🍀

 

1/27にみんこえ第3回対話会を開きました。

みんこえは「傷つきやすい、落ち込みやすい人のための みんなで声を掛け合うコミュニティ」の略。
月1オフライン対話会と、週1オンラインアンケートをきっかけに
お互いに声を掛け合っています。

 

▼流れはざっくりこんな感じ

  • ご挨拶(趣旨説明)
  • 全員で自己紹介(お名前と今の気持ち)
  • 対話会「どんなときに傷ついたり落ち込んだりしますか?」
    • 今回は人数多かったので2島で。途中席替え
  • 説明相談会(オンライングループのご案内)
  • 全員で一言感想

 

今月の対話会は、10人で実施。
5人⇒9人⇒10人となかなか好評です♪

「みんこえメンバーからの声かけに救われた」という声も。
主催者冥利に尽きます(^^♪

 

ポイントは、傷つきやすい、落ち込みやすい人ばかり集まるということ。

「傷つきやすい、落ち込みやすい」というタイトルから
重い話がされてるのではないかと思われるかもしれないのですが
意外と楽しく語り合ってます 😉

和やかな雰囲気で笑いが起きることもしばしば♪

 

「傷つきやすい、落ち込みやすい」という近い属性の人
ニーズを持っている人が集まることで
話し合いの効果が高まります

 

これは対話会に限らず
普段の会議でも同じこと

 

「とりあえず」「なんとなく」で参加している人がいると
話し合いの場の力が弱まります。

誰に参加してほしいか?
誰が参加すべきなのか?

よく練ってから声かけ、招待することをオススメします(^^)/

 

今日のところは、この辺で🍀
話し合いを、デザインしよう!
菅谷(こう)でした~。

 

 

公開ワークショップ等のご案内


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。