いつもの会議の3つの工夫|9/19トリアウテ・ミーティング

あなたの周りのいつもの会議では、どんな工夫をしていますか?

 

地域や組織を支える対話の場づくりを応援している菅谷です。
今日は、4周年の記事でも書いた「トリアウテ・ミーティング」での話し合い方の工夫を、3つだけご紹介します(^^)

前提として、トリアウテ・ミーティングは、地域の課題を地域で解決するためのネットワークである「まちなかコーディネーター・トリアウテ」の月例会議です。ある程度固定のメンバーで開かれます。

定例会と侮るなかれ。

ちょっとした話し合い方の工夫で、話し合いの雰囲気と成果が大きく変わります。

 


【1】話しあいたいことを、事前に集める

それぞれの予定があるなかで集まったメンバーで、時間は限られています。

事前に話しあいたいこと(話題・議題・アジェンダ)を集めておくことで、時間の使い方を大まかに決められます。

じっくり考えたい人が事前に意見を考えておける、当日参加できない人も意見を出せるという利点があります。

ちなみに、トリアウテではFacebookグループを使っていますが、メンバーに合わせてメーリングリストや他のITツールも使えます。


【2】話しあっていることを、その場で記録していく
前回の写真にも写っているのですが、壁に模造紙を貼って、話していることをその場で書いて行きました。

それぞれでメモをすると、それぞれの理解にズレの出ることがあります。

こうして、全員の見える形でかくことが大事。言ってみれば、共有のメモですね。

この模造紙は、極太の水性ペン(三菱鉛筆のプロッキー)でかいているため、写真に撮ってそのまま記録として共有できます。

トリアウテの場合は、Facebookグループに投げて、お休みの方にもすぐ共有しています。

 

【3】最初と最後に、全員が口を開く時間を取る

参加する一人ひとりの気持ちや思い、意気込み、共有しておきたいことなどを、手短に一言ずつ話します。

こうすることで、声を出す準備ができるとともに、それぞれがお互いの状態を把握したうえで話し合いに臨むことができます。

ホテルの出入りになぞらえて、「チェックイン」「チェックアウト」と呼んでいます。
体を動かすときの準備運動・整理運動、オーケストラでいうチューニングのような時間です。

 

あなたの周りのいつもの会議では、どんな工夫をしていますか?

 

あなたの周りのいつもの会議では、どんな工夫をしていますか?


カテゴリー: 開いた

地元を感じる4周年

いつもありがとうございます!
すがや対話工房の菅谷です。

この9月で、「すがや対話工房」の屋号で活動を始めて4年を迎えることができました。
(正式な開業は2013年4月)

マイペースな僕の活動を見守ってくださるみなさま、
いつもありがとうございます(^o^)/

この1年の大きな変化は、なんといっても地元・取手で継続的な対話の場づくりの機会を頂けるようになったことです。
大きく分けて2つの場を開いています。

まちなかコーディネーター・トリアウテでの「取手市民ワークショップ」「トリアウテ・ミーティング」「トリアウテ・ダイアログ」

取手アートプロジェクトでの「いこいーの哲学カフェ」

僕は身近なところからの場づくりが大事だと思っていて、この状況をとても嬉しく思います(^^♪

あと変化と言えば、2011年秋から続けてきた家庭教師を一旦お休みすることにしました。
僕が誰かと対話すること以上に、集まった人同士が安心して話し合える対話の場をつくることに興味があるからです。

6月から、組織づくりの専門会社「チームビルディングジャパン」に縁あって加わったこともあり、地域や組織を支える対話の場づくりに、ますま力を注げることになりました。

これからも身近なところから、ご縁を頂いたみなさまと一緒に対話の場を開いていきたいと思います。

何か気になることがあれば、気軽にお知らせください。今後とももよろしくお願いいたします(^^)


カテゴリー: ご挨拶

4/23取手市民ワークショップ準備会でファシリテーターを務めます。

みなさま、こんにちは!

菅谷です。

新年度、お変わりありませんか?

僕は相変わらず勉強カフェでハード面の場づくり(空間づくり)をやりつつ、地元でソフト面の場づくり(テーブルづくり)の機会を頂けるようになってきました。

先月には地元のコミュニティカフェで哲学カフェを開き、30名ほどの方々と一緒に「常識」について考えました。

今月は「これからの地域コミュニティの形」について、地元のみなさまと考える場を開きます。

image

以下、ご案内文を抜粋します。

==========

日々の生活で困ったことや不満なことがあったとき、あなたはどんな行動を取りますか?

自分が暮らす地域のことを行政や専門家にお願いして終わりにするのではなく、地域の絆を育みながら、自分たちの地域の課題は自分たちの手で解決していくという環境をつくっていくことや、地域でとことん話し合う場づくり(テーブルづくり)が求められていると私たちは考えます。

まずは昨年10月に『市民ワークショップ』の第1回準備会を開催し、市民による対話の場をつくることから始めています。取手市役所との協働を前提として、市民協働課などの職員にも同席いただき、丁寧に話を進めています。

これからの地域運営に欠かせない市民力・地域力をしっかりと維持し、発揮していけるように、じっくり時間をかけて『市民ワークショップ』の立ち上げの準備を行っていきますので、ご不明な点などございましたらお気軽にお尋ねください。

第3回準備会からのご参加も大歓迎です。地域を想うみなさまのご参加・ご協力を心よりお待ちしております♪

———-

【第3回『市民ワークショップ』準備会のお知らせ】

○テーマ:これからの地域コミュニティの形を考えよう!
過去2回の準備会の報告
ワークショップ手法「ワールドカフェ」を使った話し合い
○日 時:4月23日(土)10時~12時 (受付開始:9時半)
○場 所:デイサービスよりみち
取手市桑原6−3(桑原 光明寺近く)
0297-84-6408
○進 行:菅谷 宏一(すがや対話工房 ワークショップデザイナー)

==========

ご興味のある方は、この記事のコメント欄やお問合せフォーム、Facebookページのメッセージなどからお気軽にお問い合わせください。

お話しできますことを、楽しみにしております。

とりあえず、こんな感じです♪


カテゴリー: ご案内