新宿リフレクション、はじめました!

みなさま、こんばんは!
ミーティング&ワークショップデザイナーの菅谷(こうちゃん)です。

もともとは社会科教師でしたが、今はトリプル複業スタイルで
社会と自分を育てる 話し合い・学び合いの場づくりをやってます。

 

さて、今月で「すがや対話工房」として活動を始めて6周年
おかげさまで、細々とですが生き延びております(^^)

新たな試みとして、「新宿リフレクション」という
リフレクションのワークショップを
毎月第1金曜の夜に始めることにしました。

今日は、初めての新宿リフレクションの様子をお届けします!

  

新宿リフレクションは、こんなご案内から始まりました。

\新宿リフレクション、はじめました/
 
自分の成長のためには、
リフレクション(振り返り)が大事だよね!
 
ということを、知識として知っているみなさん。
リフレクション、実践していますか?
それも、ひとりで、ではなくて、
誰かにフィードバックをしてもらうカタチで!
 
新宿リフレクションは、毎月、第一金曜夜に、
この新宿の片隅で、
しっとりみんなでリフレクションしようよという集まりです。
 
毎月毎月、あの手、この手でリフレクション。
初回となる9月7日(金)は、
リクレクションカードを使ったリフレクションを実施します。
 
場所は新宿の隠れ家 “ピーネハウス新宿”。
ちょっぴり深くて楽しい金曜の夕べを
ご一緒にいかがですか…?

こんなリフレクションカードを使ったワークショップです

今回は、リフレクションカードという、振り返りを促す質問の書かれたカードを使ったワークショップにしました。

リフレクションカードにもいくつか種類があるのですが
今回はRegularを使用しています。

 

大まかな時間のデザインは、以下の通りです。

  • オリエンテーション(趣旨説明)
  • チェックイン(今の気持ちを共有)
  • 個人セッション1
    • テーマを決める
    • 話す内省をする ※「内省」は振り返りと同じような意味です
    • 聞く内省をする
  • 個人セッション2:主人公を変えて、個人セッションを繰り返す
  • 個人セッション3
  • 個人セッション4
  • 全体セッション:気づきを言語化する
  • アナウンス(今後のご案内)

 

空間デザインは、こんな感じです↓

真剣な表情で対話。朗らかな場面もありましたよ♪

正方形のテーブルを2つくっつけて、4人で囲んでいます。
 
奥のモニターには、いつでも確認できるようにグランドルールを表示。
モニターの上には、切れちゃってますが、それぞれの呼ばれたい名前をメモしています。

 

振り返ってみて

直前のキャンセルが相次ぎ、4人での開催でしたが
少人数でよかったと思えるようなアットホームな場になったと思います。

カードが初めての方への配慮はもっとできたかな。
次回は最初にカードを使った自己紹介を入れてみようかなと思案中です。

 

ご案内

  • 次回、新宿リフレクションは10/5(金)夜です
    • 次回はいのっち担当でレゴを使って振り返る予定です
  • リフレクションカードが気になる方へ

 

今日のところはこの辺で!
みなさま素敵な場づくりを(^^)/


まちづくりの対話の場 “下野ブランドカフェ” のその後を訪ねてみた

こんばんは! お久しぶりです。菅谷(こうちゃん)です。
もともとは社会科教師でしたが、今は複業スタイルで
社会と自分を育てる 話し合い・学び合いの場づくりをやってます。

 

今日は、昔開いていた場の “その後” を訪ねてみた
というお話です。

下野ブランドカフェは、(一財)日本立地センターの地域産業スタートアップ応援事業で
栃木県下野市の下野ブランド推進プランをサポートする一環で開いた場です。

僕は、2012~2015年にかけてコーディネート型専門家として、事前聞き取りやワークショップデザイン、ファシリテーションを担当しました。

詳しくはこちら↓

下野ブランドカフェがひと区切り♪

今回は、下野ブランドカフェで出ていたアイデアから
2つのアイデアのその後を訪ねてみました。

 

 

まちづくりの対話の場 “下野ブランドカフェ” のその後を訪ねる①:しもつけディグリング


場に出たアイデアのひとつ、レンタサイクルに乗ってきました。
想像以上に気持ちいい!
ディグリングマップが形になっているのが嬉しいなと♪

下野ブランドカフェに参加していた建築士の方が設計された
天平の丘公園の古民家カフェ 10ピクニックと合わせて、また羽を伸ばしに来たくなりました。
https://www.tenpyopark.com/

 

まちづくりの対話の場 “下野ブランドカフェ” のその後を訪ねる②:しもつけオープンガーデンクラブ


今回、再度下野に足を運ぶきっかけになったのは “しもつけオープンガーデンクラブ” のサイトでした。
話し合いのなかで出てきたアイデアが形になってる……!

嬉しくてつい連絡したところ、ご案内していただけることに。
紆余曲折あったそうですが、訪れた庭でお会いする方々のお話を伺って、本当に素敵な取組だと思いました。


今後も楽しみです♪
https://shimotsuke-garden.com/

 

感想

シンプルですが
すごい素敵でした!

そして、一筋縄ではいかない。
苦労がありつつも、強い思いをもった人がハブになって繋がりができ
実を結んでいるように見受けられました。

場づくりをしていると、いろんな人と知り合います。
親しくなります。
一緒にがんばろうという気持ちになります。

でも、主役はその地域や組織の人
僕はあくまできっかけをつくるお手伝いさんだと思っています。

そんな僕ですので、こうして場の後日談を聞けるのは
とても嬉しいです。

 

続けていく人、リーダーには大変さもある。
変にけしかけたりしないで、一人ひとりの思いが尊重されて
湧き出て、にじみ出てくるような場を開きたい。

そんなことを思いました。

 

今日のところはこの辺で!
ミーティング&ワークショップデザイナーの菅谷(こうちゃん)でした(^^)/


コミュニケーション実験会 β版(第37回勉強カフェ対話部)

みなさま、こんばんは!
ダイアログコーディネーターの菅谷です。

今日は、第37回になる勉強カフェ対話部を開いてきました。
今回は「コミュニケーション実験会 β版」ということで
2回目になる体験学習の集いです。

今回のは、メニューはこんな感じでした。

  • 導入
    • 趣旨説明
    • 主催者自己紹介
    • 会場案内
    • 参加者自己紹介
    • 体験学習の進め方
  • 実習①「流れ星」
    • 個人作業
    • 振り返り用紙記入
    • グループ共有
    • 小講義「コミュニケーションの伝達過程」
  • 実習②「はじめてのおつかい」
    • グループ作業
    • 振り返り用紙記入
    • グループ共有
  • 全員で一言感想

 

想定よりも前半で時間がかかったこともあり、
一部の小講義は割愛しました。

作業も大事だけど、
振り返りの時間を
もっと取ったほうがいいな。。。

僕自身の運営には至らない点がありましたが、
みなさんの学ぶ力は本当にパワフル!
じんと感じました。

僕にできるのは、

きっかけをつくること、
体験と対話の道筋をつくる、
学びをジャマしないこと。

今日はそんなふうに思いました。
ご参加のみなさま、本当にありがとうございました!

 

 

次回はテーマ、ねらいをもっと煮詰めて
濾した状態でスッキリご案内できればと思っています。

 

7月の対話部は「てつがくカフェ」。
8月にまた「コミュニケーション実験会 β版」の予定です。

一緒に対話、しませんか?(^^)


Top