すがや対話工房って?

すがや対話工房は、地域や組織を支える「対話の場づくり」を
応援する菅谷 宏一の個人事務所です。

10001478_592098420858447_1464746234_n

【菅谷 宏一って?】

すがや対話工房 代表。

 

1983(昭和58)年茨城県生まれ。

中央大学文学部で心理学を専攻。2007年卒業後、岩瀬日本大学高等学校、つくば市立吾妻中学校で社会科・地理歴史科教員として5年間奉職。2009年、自らの教育力を高めるために筑波大学大学院教育研究科に進学。市民参加型の社会形成の手法としてのワークショップや、対話の哲学と出会う。修士(教育学)。

対話の場づくりの実践力を身につけるため、2011年に青山学院大学社会情報学部ワークショップデザイナー育成プログラムを受講し修了。また、対話の学校でラボラトリーメソッドによる体験学習とその実践としてのファシリテーションのトレーニングを受ける。2012年、文部科学省所管(一財)生涯学習開発財団認定ワークショップデザイナー資格を取得。2015年、日本ファシリテーション協会に入会し、さらに学びを深めていく。

2012年度から学校を離れ、「すがや対話工房」(自営業)と「勉強カフェ」(会社員)の二足の草鞋で話し合い・学び合いの場づくりを手掛けている。
(株)ブックマークス 勉強カフェ田町スタジオ マネジャー(コミュニティコーディネーター)。
途中からは、勉強カフェ全体のチーム作りに取り組む組織開発部門の責任者も兼任。

2016年6月からは、(株)チームビルディングジャパンに参画する。

 

【大事にしていること】

1.三方よし

→顧客(参加者・受講者・依頼者)、自分、社会のいずれにとっても実り多い話し合いをデザインします。

2.一期一会
→特定の手法にこだわらず、目的や対象に応じて話し合いを企画し、現場の状況に応じてベストを尽くします。

3.体験学習
→日々の話し合いを振り返りながら学び、知識・技能・態度を磨き続けます。

名称 すがや対話工房
※英文名:Sugaya Dialogue Workshop
代表者  菅谷 宏一
(すがや こういち)
開業 2012年9月
※竜ヶ崎税務署への開業届は2013年4月
事業形態 個人事業主(自営業)
事業内容 対話の場(ワークショップ)の企画・運営
対話による学習支援(家庭教師)
およびそれらに付随する業務
事務所 茨城県取手市 (JR・関東鉄道取手駅から徒歩5分程度)